SERVICE

サービス

対象設備
■プール濾過循環駆動  ■温泉・銭湯濾過循環駆動  ■セントラル空調空気濾過循環駆動
既設駆動設備と駆動装置の間に簡単設置
・コンピュータ制御により時間、曜日、季節に最適な駆動制御
・スイッチ操作一つで既設駆動に簡単切り替え
・簡単メンテナンス
導入ステップ
導入ステップ
仕様
入力:既設駆動装置の駆動部出力に接続
出力:既設駆動部入力に接続
駆動切り替え:定格駆動/プログラム駆動
保証期間:1年
価格概算
価格概算(現地調査後正式お見積もり)
設備価格:\2,00,000~\8,000,000-
設置費用:¥1,300,000~\3,000,000-
保守契約:年4回点検 年間20万円+経費・材料費実費
インバータ制御による流量・周波数・消費電力の関係
インバータ制御による流量・周波数・消費電力の関係
! 基礎講座
・送風機(ファン・ブロア)やポンプなど、流体を制御する機械の回転力(トルク)は速度の二乗に反比例します。
また、「動力=回転速度×回転力」なので、送風機の回転速度を小さくして 流量を少なくすると、必要な動力(電力)は回転速度の三乗に比例して小さくなります。つまり、風量(流量)を1/2にすると回転力は1/4、動力は1/8になるのです。
・たとえば給水装置の場合、バルブ式の流量制御だと、軽負荷時にバルブを閉じて流量を減らしても必要な動力はほとんど変わりません。これに対し、「必要な動力が回転速度の三乗に比例する」ポンプで制御するならば、流量を半減させればポンプ駆動モータの消費電力を1/8に削減することができます。
・送風機やポンプなどには一般に汎用モータ(誘導電動機)が使われています。汎用モータの回転速度は周波数に比例するため、インバータで周波数制御することで回転速度制御ができ、省エネになります。ただし、インバータの損失(数%)が加わるので、試算時にはあらかじめ見込んでおく必要があります。
導入時の動力回路
導入時の動力回路
A:現状は、既設盤のスイッチを運転側に倒す事によりポンプが作動します。
B:エコロカ導入時は、既設盤のスイッチを運転側に倒す事によりエコロカが運転可能状態になります。
運転可能状態で、エコロカにあるスイッチをプログラム側に倒すと、プログラム制御回路を経由して省エネ運転を行います。
また、スイッチを商用側に倒すと、制御回路をバイパスした従来と同じ運転(故障時など)を行います。
施工実績
店名 業種 所在地 導入時期 年間削減電力料金 初期設備導入費
YUS スーパー銭湯 群馬県伊勢崎 2,013年 ¥4,800,000 ¥6,380,000
CCK フットネスクラブ 横浜市 2,014年 ¥10,400,000 ¥11,000,000
ASI フットネスクラブ 横浜市 2,014年 ¥4,550,000 ¥7,500,000
CSS フットネスクラブ 東京都 2,015年 ¥1,400,000 ¥2,880,000
MTY スーパー銭湯 横浜市 2,015年 ¥8,350,000 ¥10,880,000
SSY 高級サウナ 横浜市 2,015年 ¥2,532,000 ¥5,630,000